結婚指輪選びは予算設定しておくのがコツ【購入後のことも考えて】

MENU

ダイヤとリングの素材

男性と女性

ダイヤの品質で選ぶ

婚約指輪をどのタイミングで渡すかは人によって異なるでしょう。ドラマチックなのがサプライズで渡す方法です。思い出の場所などに連れ出し、プロポーズをしながら渡す方法です。それ以外には別途プロポーズをしておき、二人で決めて購入をして渡す方法もあります。一生残るものなのでできればもらう側も自分の希望に合ったものを欲しいと感じるかもしれません。値段による差もあるので、選ぶときには慎重にならないといけないでしょう。婚約指輪の種類としては、まずはダイヤのタイプがあります。大きめのダイヤが一つついているものもあれば、いくつかのダイヤが大きめのダイヤを飾るタイプ、そして小さなダイヤがリング一杯に埋め込まれているようなタイプもあります。値段に影響するのはダイヤの質になります。大きさも大事ですが、いかにいい物を高度な技術で加工しているかによって変わります。大きいタイプが高くて小さいものが散らばっている方が安いわけではありません。婚約指輪の種類として値段に影響する部分では、リングの素材があります。人気なのはプラチナで、ダイヤとの相性もぴったりです。ゴールドになるとプラチナよりも値段は安くなります。実際に見た時のフィーリングなども大事になるので、婚約指輪を購入するときは渡す相手の希望を聞いておく必要があるでしょう。一緒に見に行けば、自然に希望を聞くことができますし、選んでもらうこともできます。人気の種類を店員さんに教えてもらうのもいいかもしれません。